お土産にも!スーパーで買えるポルトガルのお菓子たち

portuguesecandies
portuguesecandies
ショッピング

ポルトガル産のお菓子は多くはない

ポルトガルでは、スーパーに売っているお菓子の大半は海外からの輸入なので、実際にポルトガルで作っているお菓子は多くはありません。

でも、ポルトガルのお菓子はレトロで可愛いものばかりですので、お土産にピッタリです。
是非チェックしてみてください♪

Regina レジーナのチョコレート

1932年創業の老舗お菓子メーカー。

デザインがレトロで可愛いチョコレートはお土産におすすめ。こちら、中は板チョコになっているのですが、優しい味のミルクチョコレートにアーモンドが入っていておいしいです!

レジーナのチョコレートにはいろんな味があるのですが、中でもオススメなのがパイナップル味!
パイナップルの甘酸っぱさとまろやかなミルクチョコレートの味が絶妙なバランスで食べ始めたら止まりません!

Dr Bayard ドクター バヤードのキャンディー

1949年創業の約70年続く老舗のキャンディーメーカー。

Dr Bayard ドクターバヤード プレーン

すーーーーーっごく昔からあるキャンディー。
パッケージに咳をしている人のイラストがあるように、咳止めとして親しまれていたキャンディー。
もちろんお菓子として舐めてもOK。

八角が効いているのかな?
独特の香りでは個人的には苦手・・・w

Dr Bentes ドクターベンテスのキャンディー。

Dr Bayardとほぼ同じラインナップで販売しているお菓子メーカー。
こちらは1955年創業。

Dr Bentes ドクターベンテス レモン&メントール

シンプルにレモンとメントール。
メントールはとても弱くて、あまりスースーしないので、お子様でもOK。

S.XAVIER エス ザビエルのキャンディー

日本でもおなじみの、ザビエルのキャンディー。

S.XAVIER エス ザビエル メントール&ユーカリ&オレンジ

薄味だけど、なんだか懐かしいような味のキャンディー。メントールは弱く、言われてみないと分からないくらい。飽きがこないシンプルな味。

レトロなポルトガルのお菓子たち

これといって意外性があるものは少ないですが、日本人にも馴染みの深い味ばかりなので、お土産にも渡しやすいのではないでしょうか。

是非スーパーで探してみてくださいね。